3月11日〜12日
3/11
休日でした。
オダキューOX 新百合丘店さんで買い物中、大地震に遭遇しました。
激しい揺れに非常な恐怖を感じましたが、幸いなことに、店にもお客さんにも大きな被害はなく急いで帰宅。
途中、停電で信号も消えていました。家も停電。買い物の後でしたので急いで食事の支度をして、その後は情報収集に努めました。しかし電話もメールもつながりません。
何度もトライするうちに、やっと店とメールが通じ、店にいるスタッフ全員の無事を確認。店舗もワインが7本棚から落ちただけで大きな被害がないと聞き、安堵しました。

停電が続き、ロウソクの灯りと携帯電話・携帯ラジオだけが情報源でした。外は真っ暗。今の生活は電気がないと、なすすべもないことを思い知りました。深夜まで、携帯とメールで関係者と連絡をとろうと努力しましたが、なかなか繋がりませんでした。余震が続き、眠れない夜となりました。

3/12
朝、店舗に出勤。昨夜、勤務していたスタッフは、みな徒歩で3-4時間かけて帰宅したとのこと。
やっと在宅だったスタッフ全員の無事が確認できました。少しずつ情報が集まってきました。横浜の契約倉庫に保管してあるワインが多く破損した模様です。しかし、こちらにも人的な被害はないと聞いて安堵しました。
ストッパーがはずれ、傾いていたスチールラックを修復。とりあえず営業を開始しました。宅急便は動いていません。

昨日は停電で見ることが出来なかった被災地の惨状を、今日になって初めてテレビで見て、言葉を失いました。
東北には8年住んでいました。ほとんど全ての被災地は、何度となく訪れたところです。仕事の関係でお世話になった人、現在お世話になっている人は数え切れず。多くの友人・関係者とまだ連絡がとれません。心配です。
復旧・救援活動に従事されている皆さんに心から敬意を払うとともに、一人でも多くの人がご無事でありますように全力で祈っています。