ワインリスト

 現在取り扱い中の地域別ワインリスト一覧です。
frag
ボルドー

Bordeaux

ワインリストはこちら

ブルゴーニュと並ぶ世界最高峰の銘醸地。フランス南西部に位置しブドウ栽培に適した気候と、ドルドーニュ川、ガロンヌ川の上流から運ばれた肥沃な土壌や砂利等が堆積して出来た理想的な土壌から生み出されるワインは、古くから評判の高いものでした。
ボルドーでは基本的に複数のブドウをアッサンブラージュ(ブレンド)してワインが造られます。赤ワインはカベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルド、マルベック等から造られるタンニンの豊かなしっかりしたボディワイン、滑らかな口当たりで官能的なワインなど。白ワインはソーヴィニヨン・ブラン、セミヨン、ミュスカデル等からすっきりした辛口から、コクのある豊潤な辛口、そして貴腐ブドウから造られる甘美な甘さの貴腐ワイン(デザートワイン)まで造られています。

 

frag
ブルゴーニュ

Bourgogne

ワインリストはこちら

ボルドーと並んで、世界最高峰のワインを産出する銘醸地の中の銘醸地。「ワインの王」とも称されています。
フランスの中でも北部に位置し、冷涼な気候で大陸性気候。産地は大きくわけて、シャブリ、コート・ド・ニュイ、コート・ド・ボーヌ、コート・シャロネーズ、マコネの5地域があります。(日本ではボジョレ地区もブルゴーニュに入れられています)
白ワインは主にシャルドネ種から造られ、フレッシュで爽快なタイプなワインから、豊潤でコクのあるタイプのワインまで様々なワインがあります。img_area_01

 

 

 

frag
シャンパーニュ・アルザス・ロワール

Champagne / Alsace / Loire

ワインリストはこちら

フランス最長の大河、ロワール河流域の広い範囲に広がっている産地がロワール地方。
「フランスの庭」と言われる風光明媚な場所で、中世の時代王侯貴族が住み、この地のワインを飲んでいました。
気候も上流の大陸性気候から河口の海洋性気候まで変化に富み、各地に適した様々なブドウが栽培され、ワインのタイプも実に多種多様なエリアです。 自然派のワインが多いのもロワール地方の特徴の一つです。
dsc_0519

 

 

 

frag
ローヌ・南仏・その他フランス

Rhône / Southern France / other

ワインリストはこちら

 ローヌ地方は大きく、北部(Septentrional)と南部(Meridional)に分けられます。
北部はローヌ河沿いに細長く広がる斜面畑が多く、赤ワインはシラーによるコート・ロティ、エルミタージュ等が代表的なワイン。
白はヴィオニエ、マルサンヌ、ルーサンヌ等が栽培されています。
南部はアヴィニヨン周辺に広く畑がひろがり、温暖な気候。複数のブドウ品種をアッサンブラージュ(ブレンド)することが多く、北部の品種に加え、グルナッシュ、カリニャン、ムールヴェドル等多くのブドウ品種が栽培されています。

 

 

frag
イタリア

Italy

ワインリストはこちら

イタリアはワイン造りの歴史の最も古い国の一つ。南北に長い国土で海に囲まれ、山間部、平野、沿岸、島と様々な地理・気候条件のもと、全土でワイン造りが行われています。
各地の気候にあった土着のブドウ品種が非常に多く、色々なタイプのワインがあります。
お手頃な価格のデイリーワイン、国際的に評価の高いワイン、時代の最先端をいくワイン等々幅の広さも特徴です。

img_area_03

 

 

 

 

 

 

frag
スペイン、ドイツ、他欧州

Spain / Germany / Europe

ワインリストはこちら

スペインは栽培面積、生産量ともにトップクラスのワイン生産国。ワイン造りの歴史も古い国です。
19世紀にフィロキセラで被害を被ったフランス(主にボルドー)のワイン生産者達がスペインに流入し、醸造技術をもたらしてスペインワインの向上に大きな役割を影響を及ぼしました。
量産型のワイン造りが行われていた傾向にあったスペインですが、近年、量より質を求める動きがあり「スーパースパニッシュ」と呼ばれる高品質ワインが生み出されています。
また、世界的に人気のある国際品種ばかりでなく、従来の土着品種に着目しその土地ならではのワイン造りが見直されている動きもあります。

 

frag
アメリカ

United States of America

ワインリストはこちら

アメリカのワイン産業は、禁酒法を始めとする様々な困難に直面しながらも、近代的ワイン醸造技術とブドウ栽培技術の研究の成果を土台に、大きな発展を遂げてきました。
ワイン大国フランス、イタリアのワイン消費量が年々減少し続ける中、アメリカのワイン消費量は増加し続けています。
現在ではほぼ全州で多かれ少なかれワインが造られるようになっており、生産量の約90%はカリフォルニア州が占めていますが、太平洋岸北西部のワシントン州、オレゴン州のワイン生産量も拡大しています。

img_area_04

 

 

 

 

 

 

frag
日本

Japan

ワインリストはこちら

日本におけるブドウ栽培の歴史は長いものの、生食用として消費されてきました。
日本でワイン造りが行われるようになったのは明治3年頃と、ワイン産出国としてはまだ歴史が浅い国の一つです。 しかし、特にここ数年の国産ワインの品質向上は著しく、国内外から高い評価を得るようになりました。日本が世界に誇るブドウ品種、甲州をはじめとした日本固有の品種による上質なワインや、国際品種を使った本格的なワインなど様々なワインが造られ、注目の産地といえます。

img_area_05

 

 

 

 

 

 

frag
オーストラリア・ニュージーランド

Australia / New Zealand

ワインリストはこちら

オーストラリアとニュージーランド、共に19世紀になってからぶどうの栽培が始まった新しい産地ですが、
その後の発展は目覚しく、オーストラリアのシラーズ、ニュージーランドのソーヴィニヨン・ブランは
それぞれの品種のベンチマークとして扱われるまでになりました。
近年はそれらに留まらず、オーストラリアは海沿いや高標高の冷涼地域から生まれるエレガントなワインや
ナチュラルな造りのワイン、ニュージーランドはピノ・ノワールを中心とする黒 品種にも注目が集まっており、
世界的に見ても勢いのある今注目の産地となっています。

 

frag
チリ、アルゼンチン、南ア、その他

Chile / Argentina / South Africa / Other

ワインリストはこちら

スペイン領だったチリやアルゼンチン、オランダの支配からワインの文化が広まった南アなど
16~17世紀にはワインが生産されていました。
一昔前にはこれらの地域の、力強く、価格の安いワインが日本のワインブームを牽引しましたが、
今ではそれに留まらず、接木なしのぶどうから作る力強い味わいのチリ、高標高で強い日照が特徴のアルゼンチン、
ヨーロッパとニュー・ワールドの中間のような冷涼な味わいの南ア、と各国それぞれの特色が現れたワインも
生まれてきています。
また、その他、カナダやウルグアイ、モロッコやチュニジア、タイやイ ンド、中国など、世界中で注目に値するワインも
様々な地域で存在しています。

 

- お酒は20歳を過ぎてから! -

未成年者への酒類販売は行っておりません