2018.02.04日暮

奥野田葡萄酒醸造 奥野田ビアンコ 2016

Okunota Winery Okunota Bianco 2016

日本 山梨県 白 ややこくのある辛口
品種:山梨県収穫甲州種主体

奥野田葡萄酒醸造 奥野田ビアンコ 2016奥野田ワイナリーは甲州市塩山に位置する小さなワイナリー。小さいからこそできる丁寧なワイン造りをモットーに、1.5haの自社農園でワイン用ブドウの栽培、ブドウのポテンシャルを最大限に活かしたワイン醸造に取り組んでいます。
山梨県収穫の甲州種を中心に4品種をバランスよくブレンドし、ステンレスタンクから樽を経由せずに直接ボトリング。グレープフルーツ、ナシや完熟りんごを思わせる香りと共にさわやかなハーブのニュアンスを感じます。果実味豊かな味わいと柑橘系果実を思わせるさわやかな苦み、フルーティな酸味が調和したふくよかな味わいの白ワインです。
(アルコール度数:11.5%)

 

 

 

♪ 日暮のおすすめワイン ♪
もう今年も終わりか~。。。なんて思っていたら、気がつくともう1月も終わり!
圧倒的な時間の流れの早さに驚きを隠せない、そんな日暮がオススメするワインはコチラです。
奥野田ビアンコ 2016です。
このワイン自体飲むのが初めてでしたが、勝手にスッキリ系の白ワインだと思っておりました。
が、良い意味で裏切られました(勝手に思っててすみません)~。
グラスに注ぐとややオレンジ色の色調で、香りも味わいも柑橘類の爽やかさを感じさせながらもしっかりと旨みがあり、ふくよかさも感じられました。
アフターのほのかな苦みも心地良い。
これ、おいしいです!
いやー、先入観だけで判断するのは良くないですね。
もっと色々飲んで勉強しなくてはと反省しました。。。
以前は甲州とシャルドネを50%ずつのブレンドだったそうですが、この2016は甲州を中心にシャルドネ、デラウェア、ミルズの4品種をバランス良くブレンドしているそうです。
そして、この旨みとふくよかさは恐らく醸造過程のスキンコンタクトをからきており、どうやら例年よりスキンコンタクトの時間を長めにとったそうです。
(可能ならば以前のものとぜひ飲み比べしてみたいものです) これ、おいしいです!オススメです!

(2018年1月)

オンラインショップのページはこちら

- お酒は20歳を過ぎてから! -

未成年者への酒類販売は行っておりません