2018.01.30伊藤

タキザワワイナリー 旅路 2016

Takizawa Winery Tabiji 2016

日本 北海道 白 すっきりとした辛口
品種:旅路

タキザワワイナリー 旅路 2016タキザワワイナリーは、札幌で珈琲店を営んでいた滝沢信夫氏が、栽培からすべて自分でやれるものを求めて、ワイン造りに乗り出したのが始まり。2004年から北海道三笠市達布地区の1haの土地を2年間かけて開墾し、2006年に初めてブドウの苗を植え、2008年にファースト・ヴィンテージをリリース。2013年秋には念願のワイナリーが完成しました。
北海道固有のブドウ品種である旅路を使った辛口白ワインです。野生酵母と自然の乳酸菌による発酵を経て、華やかな香りやミネラル感あふれるバランスのよいワインに仕上がっています。
(アルコール度数:9.5%)

 

 

 

 

♪ 伊藤のおすすめワイン ♪
本年もよろしくお願いいたします。
しかし寒いですね~!
毎朝布団から出るのが億劫な今日この頃ですが、奮起して布団を剥ぎ一生懸命仕事して帰ってきて家でさあ!何食べようってやっぱり鍋ですよね(無理やりですみません)??
でコタツ入って鍋つついてると体もあったまりなぜか赤より白ワインの方が欲しくなっちゃいませんか??
なっちゃいますよね!?ね!?
というわけで本日ご紹介させていただくワインは。。。
【2016 TAKIZAWA WINERY 旅路】です。
「旅路」は、1967年に放映された朝の連続テレビ小説『旅路』から名付けられた北海道固有の葡萄品種です。
同じく国内外で人気を博したドラマ『おしん』に継ぐ歴代第2位の視聴率を誇り、放送後は映画化もされた伝説のドラマです。
撮影舞台となった小樽市塩谷産まれで、お祭りの屋台にある紙風船の様な縦縞模様が特徴。
道内の余市と仁木でしか栽培されていない珍しい生食用葡萄です。
あ!黒葡萄です!
今回TAKIZAWA WINERYさんからリリースされたのは白ワインとしてで、味わいはというと。。。
これでもかっていう位色んな柑橘のジューシーな果実味と酸!
特に酸は生き生きとしていて酸だけを意識すると強烈です。
ただそれを凌駕するタンカン?スウィーティー?ライムやレモンはもちろん本当に色んな柑橘果実が駆け抜けていきます!!!
冬も深まるこの時期に日本酒の熱燗や焼酎のお湯割りでほっこりするのも良いですが、シャッキリっと飲みたい方はには是非オススメです。
目が覚めますよ♪
(2018年1月)

オンラインショップのページはこちら

- お酒は20歳を過ぎてから! -

未成年者への酒類販売は行っておりません