2018.01.30岡野

アルベール・マン アルザス リースリング 2016

Domaine Albert Mann Alsace Riesling 2016

フランス アルザス AOCアルザス 白 こくのある辛口
品種:リースリング

アルベール・マン アルザス リースリング 2016ドメーヌ・アルベール・マンは、ブドウ栽培家であったマン家とバルテルメ家が統合して、17世紀に設立されたワイナリーです。長い歴史を持つワイナリーですが、現在の名声は1970年代にワイナリーを引き継いだ現当主モーリスとジャッキー・バルテルメ兄弟の尽力に他なりません。クオリティワイン造りへの高い志を共有していた二人は18歳という若い頃からこつこつとお金を貯め、貴重な畑を守り継承すべく、ときに借金をしながらグラン・クリュの優れた畑を少しずつ買い足していきました。今では、総面積は21haを所有し、アルザスでは“大きな”規模のワイナリーと言えますが、こうした背景から、グラン・クリュの割合が高いのが特徴です。ウェットルスハイムとキンツハイムの間に5つのグラン・クリュ(シュロスベルグ、シュタインブルグラー、ペルシベルグ、フルシュテントゥム、ヘングスト)を所有し、テロワールと環境を尊重したワイン造りを行っています。
ステンレスタンクで7ヶ月熟成。レモンや柑橘系の果実、桃などを想わせるふくよかな香りと、厚みのある口当たり。魚介類との相性も抜群です。
(アルコール度数:12%)

 

♪ 岡野のおすすめワイン ♪
こんにちは、岡野です。
今回はアルザスリースリング!
ドメーヌ・アルベール・マンはアルザスではとてもとても大規模なワイナリー。
ビオディナミを実践し、ビオディヴァンの認証も取得しています。
飲んでまず、アルザスのリースリングだ、、!!としみじみ。
奇をてらわないバランス感。
香りは柑橘系、、レモンやオレンジの爽やかさと、桃のジューシーなニュアンスのバランスの良さがとってもいい感じです。
ボリューム感がありしっかり飲みごたえもありますが、くどくはありません。
商品紹介にもあるように魚介に合わせてももちろんばっちりですが、冷やしてすこし油っけのある餃子などの中華系に合わせるのもとってもおすすめです。
柑橘系の香りやキレのある酸が油っこさを中和してくれて、こちらも相性ばっちりですよ!
ぜひ今夜はアルザスリースリングと餃子、お試しくださいませ!
(2018年1月)

オンラインショップのページはこちら

- お酒は20歳を過ぎてから! -

未成年者への酒類販売は行っておりません