2017.11.16内藤(大魔王)

ドメーヌ・ド・ププイ コロンバール・ソーヴィニヨン 2016

Domaine de Pepouy Colombard Sauvignon 2016

フランス 南西地方 IGPコート・ド・ガスコーニュ 白 すっきりとした辛口
品種:コロンバール、ソーヴィニヨン・ブラン

ドメーヌ・ド・ププイ コロンバール・ソーヴィニヨン 2016ドメーヌ・ド・ププイは、バー・アルマニャックの生産者ドメーヌ・ド・パポールが所有するワイナリー。自家葡萄園で夜間収穫のソーヴィニヨン・ブランと(50%)とコロンバール(50%)を低温発酵後シュール・リーで熟成。グレープフルーツを思わせる柑橘系の酸と、トロピカルフルーツ系の果実味が絡み合う香味豊かな白ワインです。
(アルコール度数:12%)

 

 

 

 

♪ 大魔王・内藤のおすすめワイン ♪
ガスコーニュ地方からの掘り出し物
フルーツ感たっぷりのドメーヌ・ド・ププイ!
フランス南西地区のガスコーニュ地方は、アルマニャック・ブランデーの産地として知られます。
アルマニャック用のブドウが大量に栽培されてきましたが、近年のブランデー消費の減少からブドウあまりの状態が続いてきました。
ブランデー用のブドウは、まず収穫量を最大にすることが大切で、そのブドウからそのままワインを造っても、良質なワインにはなりません。
広大なブドウ畑はある。
でもブランデーは造っても売れない。
何とかせねば。
という流れから、最近では良質なワインを造るべく、丁寧なブドウ栽培をする流れが生まれてきました。
今回おすすめするドメーヌ・ド・ププイも、アルマニャックの生産者ドメーヌ・ド・パポールが所有するワイナリー。
自社葡萄園で、収穫量を制限し丁寧に栽培したブドウを、フレッシュな味わいを生かすために気温の低い夜間に収穫。
低温発酵や、シュールリーといった手間のかかる丁寧な醸造を実践しています。
コロンバールとソーヴィニヨンのブレンドの白と、タナとメルローをブレンドした赤。
どちらもブドウの繊細な果実の風味がたっぷりのワインに仕上がっています。
産地名にブランド力がない分、お値段はとってもリーズナブル。
ぜひ一度お試しください。
(2017年11月)

オンラインショップのページはこちら

- お酒は20歳を過ぎてから! -

未成年者への酒類販売は行っておりません