2017.11.17別府

マックスウェル スパイス・ミード NV

Maxwell Spiced Mead NV

オーストラリア サウス・オーストラリア州 マクラーレン・ヴェイル ミード(蜂蜜酒) こくのある甘口

マックスウェル スパイス・ミード NVマックスウェル・ワインズは、1979年に現当主マークの父であるケン・マックスウェルが設立したサウス・オーストラリア州マクラーレン・ヴェイルのワイナリー。南半球では最大かつ最も評価の高いミード(蜂蜜酒)の生産者として知られています。
ミード(蜂蜜酒)は、蜂蜜を発酵させて造ったユニークな珍しい飲み物です。蜂蜜酒は人類最古の発酵飲料で、古代ギリシアでは「アンブロシア~神々の飲む不老不死の酒」として知られていました。海賊バイキングは蜂蜜酒を飲むと精力がつくと信じていたため、新婚のバイキングの男性は子供が授かるよう結婚後1ヶ月間はミードを飲み続けました。この期間が蜜月(ハニームーン)として知られるようになり、ここから「ハネムーン」の伝統が生まれました。シナモンとクローブの香りが口いっぱいに広がり蜂蜜と柑橘類の味が寒い日に元気づけてくれます。
(アルコール度数:12.5%)

 

♪ 別府のおすすめワイン ♪
いよいよ寒くなってきて、ワイン屋としては忙しい季節。
疲れているのか家で飲みたいのはちょっと甘いものの頻度が最近多いのですが、その中でも特に最近のお薦めがこちら。
余り日本で見る機会のないミードです。
え?ミード??という方も多いかも知れませんが、人類が始めて飲んだ発酵飲料はこのミードだとも言われています。
原料のはちみつを薄めたものを発酵させた、云わば「はちみつ酒」。
濃厚な味わいをイメージしがちですが、こちらのミードはオーストラリアのはちみつと柑橘を使いさらっと優しい味わい。
アルコールも12.5%です。
シナモンやクローブなどで風味付けをしており、この寒い季節に暖めて飲むと最高です(沸騰させてしまうとアルコールが飛びますので気をつけて)。
昔から活力を与えるお酒として珍重されていたミードを飲んで、忙しい年末を是非乗り切りましょう!
(2017年11月)

オンラインショップのページはこちら

- お酒は20歳を過ぎてから! -

未成年者への酒類販売は行っておりません