2017.10.30幡野

ダニエル・ゴメス・ヒメネス・ランディ ラデラス・デル・ティエタル 2016

Daniel Gomez Jimenez Landi Laderas del Tietar 2016

スペイン DOビノス・デ・マドリッド 赤 ミディアムボディ
品種:ガルナッチャ

ダニエル・ゴメス・ヒメネス・ランディは、スペインで最も注目されている若手醸造家の一人で、「世界一のガルナッチャをつくる」という信念のもと、少量生産でワイン造りを行っています。従兄弟同士で立ち上げたヒメネス・ランディから離れる際、共同経営者だったホセ・ヒメネス・ランディと畑を分割し、エル・レアル・サン・ビセンテ村ではジ・エンドの畑とプレシデンテ畑をダニエルが所有しました(ジ・エンド畑はカントス・デル・ディアブロに改名)。
ラデラス・デル・ティエタルは、アビラ県のビラヌエバ・デ・アビラ村近郊の畑(標高900m~1,000mの花崗岩質土壌)の樹齢70年超のブドウを使用。大樽発酵、2,500Lのフードル樽で6ヶ月間熟成させボトリングします。エレガントな果実味ときれいな酸味をもつ冷涼で軽やかなワインです。
(アルコール度数:13.5%)

♪ 幡野のおすすめワイン ♪
久しぶりの入荷です。
いつ聞いても「ダニエル・ゴメス・ヒメネス・ランディ」って長い名前だなと思いますが、醸造家の名前なんです。
ダニエルは「世界一のガルナッチャをつくる」という夢を持ち、少量生産のワインを造っています。
ただ品質にこだわるからか、ほとんどが5,000円以上の高いワイン。
その中でも今回おすすめするこのワインは2,900円と割とリーズナブル。
情報によれば、畑はスペインの首都マドリードの西にあるグレドス山脈の標高900m~1000mに広がる花崗岩質土壌にあり、樹齢70年を超える樹から収穫されるとのこと。
飲んでいただくとわかりますが、「濃くてまったりしたガルナッチャ」を想像していると裏切られます!
開けたてはフレッシュな木いちごなどの赤い果実とほのかなミントの香り。
控えめな果実味にミネラルと酸をしっかりと感じ、まだ閉じているような印象でした。
しかし、面白かったのはこの後。
数時間後にはガルナッチャらしいかわいらしいまろやかな香りが広がり、さらに2日目には不思議と全体がまとまっていました。
ワインの変化を楽しむにはおすすめな1本です。
(2017年10月)

オンラインショップのページはこちら

- お酒は20歳を過ぎてから! -

未成年者への酒類販売は行っておりません