2017.01.04川合

グエリエリ ビアンケッロ・デル・メタウロ 2015

Azienda Agraria Guerrieri Bianchello del Metauro 2015

イタリア マルケ州 DOCビアンケッロ・デル・メタウロ 白 すっきりとした辛口
品種:ビアンケッロ100%

0000000064382アジェンダ・アグリコーラ・グエリエリは19世紀後半にグエリエリ家によって創業された大農家で、アドリア海から内陸10kmの位置するチェラーザ村近郊で葡萄畑45ha、麦畑120ha、オリーブ畑30haを所有します。現在は5代目のルカ・グエリエリ氏と息子のアルベルト氏、娘のマリア・ジュリア氏が中心となり、その他25人の信頼できる通年通して働く社員と共に、全て自社畑から造られるワイン、乾燥パスタ、オリーブオイルを製造しています。環境に配慮した自然な農業を心がけており、本当に必要がある場合を除いては農薬を使用しません。またファームハウスの屋根にあるソーラーパネルにより電量を賄っています。
標高200m、粘土砂質土壌が広がる7haの畑で収穫されたビアンケッロ種100%で造られます。手摘みで収穫したブドウをソフトプレスし、ステンレスタンク内で野生酵母にて自然発酵させます。発酵温度は約16℃で15日間。熟成もステンレスタンクで行います。光沢のある麦わら色で桃やナシ、白い花等の繊細な香り。生産者は地魚料理や魚のパスタ、アペリティフとして楽しむのをお勧めしています。
(アルコール度数:12%)

♪ 川合のおすすめワイン ♪

今回おすすめするのは、イタリア中部の東側に位置するマルケ州の白ワイン。
マルケ州には今年行ってきたこともあり、新しいワインが棚に並ぶとすかさずチェックします。
このワインもまずラベルに目を引かれ、お手頃な値段も気に入って、さっそく手に取ってみました。
DOCは。。。ビアンケッロ・デル・メタウロ!?
DOCとしての認可を受けたのが1969年なので、ソムリエ試験のために勉強しているはずなのですが、まったく記憶にありません。
ビアンケッロという品種も、飲むのはおそらく初めてだと思われます。
それもそのはず、このビアンケッロ・デル・メタウロという原産地、栽培面積は244haで16件のワイナリーしか存在しないとのこと(2016年現在)。
ほとんどが地元消費用なのでしょう。
そんなマイナーなDOCワインのお味はというと。。。
香りはレモンやグレープフルーツといった柑橘系の果実に白い花。
果実味中心の味わいですが、海に近いせいか、少し塩味も感じます。
これはイカのフリットやイワシのパン粉焼きにピッタリですね!
ぜひお試しください。
(2016年12月)

オンラインショップのページはこちら

- お酒は20歳を過ぎてから! -

未成年者への酒類販売は行っておりません