2016.10.31別府

クロ・デ・フ ピノ・ノワール スブソルム 2013

Clos des Fous Pinot Noir Subsollum 2013

チリ 赤 ミディアムボディ
品種:ピノ・ノワール 販売価格:2,180 円(税込)

0000000062142「良質なワインをうみ出すには”テロワール”を知らなければならない」とチリワインに初めて本当の意味でのテロワールの概念を持ち込み、数々のスーパープレミアムなチリワインを成功させてきた、世界が注目するテロワリストがペドロ・パッラ氏。クロ・デ・フは氏が究極を追い求めて、辿り着いた、自らが手掛ける渾身のブランドです。現在では、母国チリ以外にも、イタリア屈指の醸造家アルベルト・アントニーニ氏とタッグを組みアメリカ、イタリア(ポッジョトンド)、アルゼンチン(オルミガス)で、又フランス、アルメニア、ウルグアイでもコンサルタントを行っています。
畑は石の多い石灰石土壌と火山性土壌の2つの土壌。ステンレスタンクで醗酵、熟成。艶やかでかつ透明感のある明るい赤果実のアロマを持つピノ。イキイキとした酸、洗練されたミネラル感を持つクリーンで軽快なスタイルのピノ・ノワールです。
(アルコール度数:13%)

 

 

 

♪ 別府のおすすめワイン♪

今回のおススメは、私がブラインドで飲んで「ヴォーヌ・ロマネ!」と 言ってしまったという、とても恥ずかしい思い出のあるワインです(結構最近の話です。。。)。
ペドロ・パラと言えばワインマニアの方はもしかしてご存知なのかも知れませんが、チリの地質学者で、彼の知識は今非常にワイン業界で注目されている有名人です。
その彼が、出身でもある南チリでパートナー達と造っているのがこのクロ・デ・フ。
チリは暑いイメージが強いですが、ご存知のように南北に非常に長い国な上に、西の太平洋にはフンボルト海流、東にはアンデス山脈と涼しい空気を運んでくる要素も多く、場所によっては冷涼な産地となります。
更に南チリは最も早くスペイン人がブドウ栽培を始めた地域で、未だに古い畑も多く残る産地。
先日彼のセミナーに出席してきましたが、古木のカリニャンやサンソー、マルベックなどから、とても素晴らしいワインが生まれていました。
こちらはそのペドロ・パラが中部から南部のチリで造るピノ・ノワール。
こんなエレガントなピノ・ノワールが チリで生まれているのはビックリですし、飲んでお値段を見て更にビックリです。
こんなに値段を超えたピノ・ノワールは今他にないでしょう。
是非騙されたと思ってお試し下さい。
「あっ、ヴォーヌ・ロマネ!」と思って頂けたら本望です。。。
(2016年10月)

オンラインショップのページはこちら

- お酒は20歳を過ぎてから! -

未成年者への酒類販売は行っておりません