2016.05.24別府

ベンジャミン・ブリッジ ノヴァ7 2013

Benjamin Bridge Nova 7 2013

カナダ ノヴァ・スコシア州 ガスパロー・ヴァレー 白 微発泡 フルーティーなやや甘口
品種:プロプライエタリー・ブレンド (マスカット品種等アロマティック品種を使用)販売価格:3,450 円(税込)

0000000055922ベンジャミン・ブリッジは、ノヴァ・スコシア州ガスパロー・ヴァレーにて1999年に創業した、家族経営のブティック・ワイナリー。プレステージ・キュヴェ・シャンパーニュの伝統手法で造られたスパークリングに特化したカナダ初のワイナリーで、「カナダ最高級スパークリング」の醸造元としての地位を確立しています。
これはベンジャミン・ブリッジのシグニチャー(代表作)スティル・ワインで、ノヴァ・スコシア産白ワインのベストセラー。カナダワイン界の重鎮、醸造家ピーター・J・ギャンブル氏が、ヨーロッパの伝統的なオフ・ドライの微発泡ワインにインスパイアされ着想。鮮やかさやエレガントなアロマ、ミネラル感といった、世界の他のワイン産地ではなかなか見られないノヴァ・スコシア産ならではのコンビネーションを有するワインに仕上がりました。人手の介入を最小限に抑え、ヴィンテージ特有の特徴を表現しています。淡いピンク色。力強く立ち昇るジャスミンや白いバラ、パッションフルーツなどの香りに、それをより引き立てているライムやグレープフルーツの皮のニュアンス。味わいはすっきり爽やか。わずかに感じられるマンゴーや青リンゴあめの上品な風味が、味わいの複雑さと存在感を向上。ごくわずかに発泡性があり、このワインをさらに快活な味わいに。
(アルコール度数:7%)

♪ 別府のおすすめワイン♪

だんだんと暑くなってきましたね。 こんな季節に飲みたいのはやっぱり泡もの。
今回のおすすめは、中でも最近注目の低アルコールの微発泡ワインです。
生産者のベンジャミン・ブリッジはカナダのノヴァ・スコシアに居を構えるワイナリー。
ノヴァ・スコシア?どこですか?
私もこの生産者を知るまでは全く知りませんでした。
カナダの東海岸にある半島で、プリンス・エドワード島の目と鼻の先にあります。
こんなところでもワインを造ってるんですね。
気候は非常に冷涼でスパークリングワインを造るのに適しており、このベンジャミン・ブリッジもカナダ最良のスパークリングワインの生産者として有名だそうです。
そのスパークリングも非常にシリアスで滑らかな味わいで素晴らしいのですが、このノヴァ7はもっと気楽に飲めるタイプのワイン。
マスカット系品種を中心にしたブレンドで華やかな香りが特徴的。
アルコール度数7%で微発泡残糖もあるやや甘口ですが、もの凄くしっかりした酸が味わいを支えているので全く嫌味がありません。
ピクニックなど野外で気楽に飲んでもいいし、ちょっとアペリティフ的に楽しんでもいいですが、食事を通して飲んでもとても楽しめること請け合いです。
アジア系のハーブを多用したお料理やフルーツを使ったお料理なんかとはとても相性いいでしょうね。
ちょっと他にないキャラクターなので、ワイン会なんかでも注目を浴びること間違いありません(笑)。
これからの季節、是非お試し頂きたいワインですよ!
(2016年5月)

オンラインショップのページはこちら

- お酒は20歳を過ぎてから! -

未成年者への酒類販売は行っておりません