2016.04.19内藤(大魔王)

シャトー・ペスキエ エディシオン “1912” 2014

Chateau Pesquie Edition 1912m 2014

フランス ローヌ AOCヴァントー 赤 ミディアムボディ
販売価格:1,380 円(税込)

0000000052412南部ローヌ地方の名峰、標高1912mのヴァントー山の中腹、標高300mにある葡萄園で栽培されたグルナッシュ70%、シラー30%で仕込まれたシャトー・ペスキエの新しいキュヴェ。冷涼な気候から生まれる溌剌とした酸、繊細な果実味、優雅なタンニンが印象的。南部ローヌ・ワインのますますの可能性を感じさせてくれる一本です。
(アルコール度数:13.5%)

 

 

 

 

♪ 大魔王・内藤のおすすめワイン♪

南部ローヌの銘醸ワイナリー、シャトー・ペスキエから新登場!
このワイン、塩山さんもおすすめしていますが、ワタシもダブルでおすすめです。
シャトー・ペスキエは、南部ローヌ地方で極めて高い評価を受ける家族経営のワイナリー。
カーヴドリラックス1999年の開業から、ずうっと輸入を続けているウチの看板ワインです。
そのペスキエから、久しぶりに新しいワインが誕生しました。
南部ローヌ地方のランドマーク、標高1912mの名峰モン・ヴァントーの中腹、標高300mにある葡萄畑で収穫されたグルナッシュとシラーで仕込まれた赤ワイン。
冷涼な気候を生かしたブドウ作りから、とても繊細でエレガントなスタイルに仕上がっています。
これまでのペスキエの濃厚でパワフルなスタイルから、がらっとイメージチェンジ。
プルーンを思わせる豊かな黒いベリー系のフルーツ、きれいな酸、きめ細やかタンニンに、さらりとキレのよいアフター。
アルコール度数も13%と、ローヌの赤としては控えめです。
どこか、日本の良質な赤ワインにも似ているように思われます。
南部ローヌ地方の新しい風を感じるこのワイン、ぜひ一度お試しください。
(2016年4月)

オンラインショップのページはこちら

- お酒は20歳を過ぎてから! -

未成年者への酒類販売は行っておりません