2016.04.17別府

ビッケル・シュトュンプ ジルヴァーナー ブントザントシュタイン 2014

Bickel-Stumpf Buntsandstein Silvaner Trocken 2014

ドイツ フランケン 白 すっきりとした辛口
品種:ジルヴァーナー 販売価格:3,350 円(税込)

0000000054012先代の家系がそれぞれ代々ワイナリーを経営していて、2人が出会い結婚しお互いの家族が所有していた畑を譲り受けて、お互いの名前をくっつけたビッケル・シュトュンプとして新たに醸造所をスタートさせました。現在はVDP(ドイツ優良ワイン生産者連盟)に加盟し、ドイツワインの評価本ゴーミヨ、アイフェルマン共に3つ星の評価がされています。
ブントザントシュタインの土壌の畑から収穫したジルヴァーナーで造られています。うっすらと感じる厚みが土壌に由来したものです。土壌の影響による強さが、フランケンの大多数を占めるムッシェルカルク土壌のジルヴァーナーのワインの味わいとは異なるので、フランケンのジルヴァーナーを飲みなれている方にはフランケンらしさをあまり感じないかもしれません。しかし素晴らしいジルヴァーナーのワインであることは間違いありません。厚みはあるけれど味わいの中にやさしさも感じるこのバランスが絶妙です。あまりくせのないフラットな味わいなので、日本酒のように食事に寄り添うような形でこのワインは料理に合わせることができます。和食全般に合わせやすいです。食事とともに飲んでこそしみじみと良さと魅力がわかってくるワインです。
(アルコール度数:12%)

 

♪ 別府のおすすめワイン♪

今回是非おススメしたいのは、ドイツはフランケンのワインです。
フランケンのワインは当店でもファンの方が結構いらっしゃるのですが、やっぱりドイツの他の地域と比べてもドライでミネラル感が前面に出た味わいが特徴だと思います。
特にこの地域で多く栽培されているジルヴァーナーは、リースリングと比べてもそういう特徴が強くあり、ちょっと辛口の日本酒にも通じるような味わいがあります。
今回のワインは違いますが、ボックスボイテルと呼ばれる寸胴型のボトルでも有名ですね。
こちらのワインはいわゆる普通のボトル、ということを見ても分かるように、ちょっと現代的なジルヴァーナーなのかな、と思います。
クリアな味わいというよりは、弱めのフィルターをかけたことによるふわふわと柔らかい旨みがあります。
ブントザントシュタインはフランケンで主流の石灰系の土壌ではないことも、質感の柔らかさを強調します。
正に日本酒的な味わいで、かなり和食との相性はいいですよ、これ。
てんぷらやお刺身などと是非合わせてみて下さい!
(2016年4月)

オンラインショップのページはこちら

- お酒は20歳を過ぎてから! -

未成年者への酒類販売は行っておりません