2016.02.09田中

ルパート&ロートシルト クラシック 2012

Rupert & Rothschild Classique 2012

南アフリカ 西ケープ 赤 フルボディ
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー 販売価格:2,350 円(税込)

02000100001821690年、フランスから移住したプロテスタントがフレデリックスベルク農園を開拓しました。1986年、レンブラント・グループのオーナーで反アパルトヘイト活動にも尽力し、南アフリカのワイン産業の近代化にも大きな功績を残したアントン・ルパート氏と、ボルドーでシャトー・ペイル・ルバードを経営するエドモン・ド・ロートシルト男爵が共同でこの農場を買い取り、1997年にルパート&ロートシルトとして正式に創業しました。現在はアントン氏の息子でリシュモン社のオーナーであるヨハン・ルパート氏とエドモン男爵の息子バンジャパン・ド・ロートシルト男爵が共同で運営しています。
ステンレスタンクで25~28日間かけて発酵。マロラクティック発酵はステンレスタンクで行った後、フレンチオークで行います。ブレンド後に225Lのフレンチオーク樽で約16ヶ月間熟成。プラムやブルーベリー、バニラ、スパイスなどの凝縮感のある香り。口当たりはソフトで、幅広い料理に合わせやすいワインです。
(アルコール度数:13%)

♪ 田中のおすすめワイン ♪

久しぶりのお勧めワイン更新となってしまいました。すみません・・・
さて、久しぶりにお勧めするのはこちらのワイン。
やはり寒いので、ボディのしっかりしたワインを飲みたいな~と思い、手にとってみました。
南アフリカのワインは濃さがあってパワフルなイメージを勝手に持っていたのですが、いざ飲んでみると酸の高さにびっくり!!
ただ、決して酸っぱいというわけではなく、すごーく綺麗な酸です。
赤果実の様な凝縮感に加え、ほのかなスパイスを感じます。
最近は南アフリカのワインのクオリティーの高さに日々驚かされています。
お値段も2,000円台前半と、デイリーワインとしては満足度の高い1本だと思います。
皆さんも飲んでびっくりすること間違いなしです。
このワインを機に、南アフリカワインの興味を持っていただけたら嬉しいです。
(2016年2月)

オンラインショップのページはこちら

- お酒は20歳を過ぎてから! -

未成年者への酒類販売は行っておりません