2015.11.26三成

パラシオス・レモンド ラ・モンテサ 2011

Palacios Remondo La Montesa 2011

産地:スペイン DOCaリオハ   赤   フルボディ
品種:ガルナッチャ、テンプラニーリョ、マスエロ    販売価格:2,600 円(税込)

0000000037462アルバロ・パラシオス氏は、フィロキセラ以後荒廃していたプリオラートを、スペインを代表する高級ワイン産地にまで復興させた“4人組”の一人。約150年前からワイン造りを行っているリオハのパラシオス家に生まれ、ボルドーのシャトー・ペトリュス、カリフォルニアのスタッグスリープで修行し、1989年よりプリオラートでワイン造りを始めました。2000年に父・ホセ・パラシオス・レモンド氏が亡くなったため、プリオラートで活躍していたアルバロ氏がリオハのボデガを引き継ぐこととなりました。ボデガのあるリオハ・バハは、北部リオハ・アルタに比べて日照が長く、雨の少ないエリア。伝統的にガルナッチャに適した産地であるため、アルバロ氏はガルナッチャを特に大切にしたワイン造りを行っています。
ラ・モンテサは、パラシオス・レモンドのワインの中で一番アルバロ・パラシオス氏の思い入れが強いワイン。低価格でクリアンサの魂を持ったワインを届けたいという想いを込めて苦労の上造っているワインで、ボデガの最上キュヴェである“プロピエダッド”よりもこのモンテサに力を入れているほど。
小石で表土を覆われた“モンテサ”畑から造られ、100haの畑ですが、手摘みで収穫。ステンレスタンクで発酵させた後、小樽で12ヶ月熟成し、ノンフィルターで瓶詰めしています。
カカオ、ブラックチェリー、ローズマリー、バラといった香りが複雑に絡み合い、鉄分、ミネラル、スパイシーさを感じる味わい。オーク樽のニュアンスがありながらもスリムでエレガンスがあり、余韻の長いワインです。
(アルコール度数:14%)

…三成のおすすめワイン…

買ったその日に開けてすぐ美味しい!
9月のおすすめワインでも紹介させていただいたシャトー・ボーモンよりも、「もっと」すぐ飲みワインです。
常温でも、冷やしても、ちょっと温度が上がっても!
お肉料理はもちろんのこと、カジュアルな家庭料理やチョコレートなどのスイーツとも!
どんな状況でも大活躍してくれる、お気に入りの1本です。
150年前からリオハでワイン造りを続ける伝統のワイナリー、パラシオス家。
ビオロジック農法、ノンフィルターにもかかわらずとってもきれいな酸と、ぎゅっとした果実味に、なめらかな余韻はとっても好印象です。
どんなお料理にも万能な優秀ワインですが、以前なにも考えずに買った“マヨネーズをたっぷり使ったマカロニサラダ”との相性が最高でした。
マリアージュってこういうことね!と感動できた組み合わせです。
ぜひお試しください。
(2015年11月)

オンラインショップのページはこちら

- お酒は20歳を過ぎてから! -

未成年者への酒類販売は行っておりません