2015.08.28三成

セレクション・デ・コニェット ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ・シュール・リー 2013

Selection des Cognettes Muscadet Sevre et Maine Sur Lie 2013

産地:フランス ロワール AOCミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ   白   すっきりとした辛口
品種:ミュスカデ   販売価格:1,380 円(税込)

0080050000032代々ブドウ栽培を行っているペロー家。以前はバルクでワインを販売していましたが、現在の当主からドメーヌ元詰めを実現、兄弟で栽培と醸造を担当しています。このアペラシオンでは珍しく手摘み収穫を行っています。また、ミュスカデが熟成することを知ってもらうために、長熟向けのキュベを造っています。伝統的なシュール・リー製法で、ミュスカデらしい爽やかな果実味とふくらみ、複雑味が感じられます。
 (アルコール度数:12%)

 

 

 

 

…三成のおすすめワイン…

今の時期に飲みたい!とか、最近飲んで感動しました!ではなく、シンプルにわたしの好きなワインです。
口にする機会がよくあるデイリータイプで、店頭の試飲アイテムとしても登場することが多いです。
いつ飲んでもやっぱり好きだな~と思います。
このワインが造られるのは、ステファン・ペロー氏とヴァンサン・ペロー氏兄弟がミュスカデで運営するドメーヌです。
ミュスカデといえば、気軽に飲める安価なワインとして販売されていましたが、このワインをつくる彼ら兄弟は、ミュスカデの地位向上のため様々な取り組みを行っています。
例えば、すべてドメーヌ元詰めで販売する、ドメーヌのある村がAOC認定されるように活動し、その際には手摘みが規定になるようにするなど、ミュスカデへの情熱が感じられます。
発酵も天然酵母で行うなど、自然な造りをしています。
こうしてできあがったワインは熟成が可能となるそうで、ミュスカデのイメージを良い意味で裏切ってくれるワインです。
超・甘党の私は酸が攻撃してくるすっぱい白ワインが苦手ですが、このワインの酸味は優しく、やわらかです。
気軽にあけて飲めるお値段も、エチケットも素敵です。
白身魚のフライやエスカベッシュと合せて飲みたいさわやかな1本です。
(2015年8月)

オンラインショップのページはこちら

- お酒は20歳を過ぎてから! -

未成年者への酒類販売は行っておりません