2017.12.06

日本ワインシンポジウム in 北海道

12/5

一夜明けると、札幌は白一色の世界。

 

 

 

今日は、ロイトン札幌で開催される「日本ワインシンポジウム in 北海道」に参加します。

 

 

 

パネルディスカッションのパネラーと事前の打ち合わせ。

 

 

コーディネーターは、日本ワインの大家、鹿取みゆきさん。

 

 

パネラーは、ドメーヌタカヒコの曽我さん。

富良野ワインの高橋さん。

ワインクラスター北海道の阿部さん。

農研機構の廣田先生とワタシです。

 

ワタシ以外は、錚々たる顔ぶれです。

 

 

 

会場には、北海道のワイナリーの皆さんをはじめとする業界関係者と、650名の応募者の中から抽選で選ばれた200名の一般参加の皆さんで満席。

外は吹雪でも、会場は熱気であふれます。

 

 

 

札幌国税局の市田局長の挨拶で、シンポジウムが開幕。

 

 

ゲストスピーカーの田辺由美さんが、北海道のワインの大いなる可能性についてお話。

 

 

基調講演では酒類総研の後藤理事長が、日本ワインの基本的な知識と概要、消費の伸び、品質向上の科学的側面について、分かりやすくお話をいただきました。

 

 

 

 

さて、ワタシ達の出番です。

 

 

80分の制限時間内で、一癖も二癖もある面々がどんな話をするのかとても心配でしたが、鹿取さんの見事な仕切りもあって、各人がそれぞれの立場で、北海道のワインへの熱い想いと、明るい未来への展望をお伝え出来たかと思います。

 

 

他の人が話してる時はヒマなので、自撮りとか。

 

 

(やめなさい!)

 

 

あっという間の80分でした。

 

 

パネルディスカッションのあとは、北海道のワイナリーがブースを出しての試飲会です。

17社のワイナリーが参加しました。

 

 

なかなか飲めない稀少価値の高いワインもいっぱいあります。

 

 

興味深い新しいワインもたくさんありました。

 

 

素晴らしいイベントにお招きいただきありがとうございます!

 

 

イベント終了後、パネラーの廣田先生らを誘ってすすきののイタリアン、アゴーラさんに伺いました。

 

 

ワインリストには、カーヴドリラックスのオリジナルワインもあります。

うれしいです。

 

 

今夜もワイントークが炸裂。

美味しい料理とワインも堪能しました。

 

 

アゴーラさんの料理、すごく、すごく美味しいです。

 

 

 

 

 

 

長い一日が終わりました。

 

 

 

ワタシ、お疲れさまでした。

 

 

 

 

Dec. 5

It was the second day in Sapporo.

 

 

I went to Royton Sapporo to join in Japan Wine Symposium in Hokkaido.

 

 

At first, I had a meeting with speakers.

 

 

Ms. Miyuki Katori, wine specialist

Mr. Takayuki Soga, the owner & winemaker of Domaine Takahiki

Mr. Katsuyuki Takahashi, the chief winemaker of Furano Wine

Mr. Masahisa Abe, the presentative of Winecraster Hokkido

Dr. Tomoyoshi Hirota from NARO

, and I

 

 

What a gorgeous members are them except me!

 

There were many audience.

 

 

Mr. Ichida, who is the head of Sapporo Taxation Bureau, gave us a opening address.

 

 

Ms. Yumi Tanane, who is the president of Hokkaido Wine Academy, talked about a big potential about Hokkaido Wine.

 

 

Ms. Nami Hoto, who is the president of  National Reserch Institute of Brewzing and the main speaker today, talked about the new regulation for Japan Wine, how to control for the quality of Japan Wine by scientific approach.

 

 

Then our turn came.

We had a panel discussion about Hokkido wine's future.

Every panelers gave very good talks except me.

When others were talking, I was leisure and made a selfie.

 

 

Fortunately, our discussion was very welcomed  by the audience.

 

 

Finally, we had a big wine tasting party.

 

 

17 wineries in Hokkaido held booths there.

I met a lot of fine Hokkaido Wines.

 

Thank you very much for inviting me for such wonderful event.

 

 

 

 

After the event, I went to Agora, a fine Italian restaurant at Susukino, with some panelers today and had a nice wine dinner.

 

Very good job!

 

 

 


- お酒は20歳を過ぎてから! -

未成年者への酒類販売は行っておりません