2017.12.05

すすきの男子会

12/3 

休肝日

 

 

 

12/4

今日から3日間、北海道です。

 

 

明日開かれる札幌国税局主催の「日本ワインシンポジウム in 北海道」のパネルディスカッションに、パネラーの一人として招かれました。

 

 

 

 

念のため前泊で札幌に入ります。

 

 

夕刻、新千歳空港に到着。

 

 

 

 

札幌すすきのの、ワインショップ フジヰさんに伺いました。

 

 

 

山崎ワイナリーの太地君と合流。

 

 

 

藤井社長と三人で、男子会。

 

 

すすきのの“ツキノワ料理店”さんに伺いました。

 

 

日本ワインと道産ジビエの串焼き・手打ち蕎麦が楽しめる人気のお店だそうです。

藤井さんおすすめのワインバーです。

 

 

道産ワインだけではなく、日本各地のファインワインがリストにあります。

せっかくなので、道産ワインにしました。

 

 

多田農園ピノノワールロゼ2016。ラベルのくまがかわいい。

すんだ果実味に、印象的な赤い産。うーん美味しい。

 

十勝ワイン ピノノワール 2015は、軽いボディのなかにも、ピノノワールのエレガンスがたっぷり。ちょっと清見っぽいのニュアンスも感じます。

 

謎のワインX(画像なし)は、やはり素晴らしかったです。

 

 

あと、藤井さんが、途中わざわざお店に戻ってとってきてくれた、さっぽろ藤野ワイナリーの、“アッシジのフランシスコセイベル13053 2015年”が素晴らしかったです。

はじめボルドー上流域のメルローを思わせる香ばしさ、あとから深く複雑な酸。

いや、こんなセイベル初めてです。これ、ものすごく美味しい。

生産本数 677年だって。

“たけのうちの“ですね。⇒すくね。

 

 

いや、男子会、とてもワイン業界の人には聞かせられないヤバイ話が飛び交いました。明日のパネルディスカッションでは、注意が必要です。

 

 

藤井さんのおすすめだけあって、ツキノワ料理店さんのお料理は最高です。

 

 

道産ワインとのマリアージュが絶妙。

 

 

エゾ鹿肉の串焼きは、いままで食べた鹿肉の中で一番美味しかったです。

 

 

店長の奈良岡さんと記念撮影。

 

 

 

 

太地さん、終電ぎりぎり。

ワタシと藤井さんはドボン。

 

 

あ、雪だ!

 

 

 

 

Dec. 3

No Wine Day

 

 

 

 

Dec. 4 

I was invited to Hokkaido Wine Symposium held in Sapporo on 5th December as a guest speaker.

 

I arrived at Shin-Chitose Airport in the evening.

 

Then I went to Wine Shop Fujii at Susukino in Sapporo.

Mr. Taichi Yamazaki, who is a family member of Yamazaki Winery, which is one of the most popular wineries in Hokkaido, joined with us.

 

 

We went to Tsukinowa-Ryoriten, which is a popular wine bar specialized Japan fine wine and Hokkaido local “gibier”.

 

We enjoyed fine Hokkaido wine and very delicious local dishes.

 

We talked about many dangerous Japan wine business topics.

They were very dangerous.

I must take care the talking at the tomorrow symposium.

 

 

Thank you very much Mr. Naraoka, who is the manager of the wine bar.

 

It stared snowing at the late night.

 

DOBON !!

 


- お酒は20歳を過ぎてから! -

未成年者への酒類販売は行っておりません