2017.12.02

ルバイヤート ヌーヴォー

11/30

休肝日

 

 

 

12/1

まさか、まさかの12月です。

この分で行くと、すぐにお正月になって、バレンタインデーになって、桜が咲いて、GWになって、梅雨が来て、夏が来て暑くて、秋になって、ボジョレーヌーヴォーが解禁になって、またあっという間に12月。いかん。

 

 

 

1本目 ルバイヤート 甲州 ヌーヴォー 2017

いや、新酒とは思えぬ、しっかりとした甲州です。

昔、甲州の新酒といえば甘口しかなかった。

これだけしっかりとした本格辛口の甲州の新酒が世に出ること、浅井さんとか甲州ワインの先駆者の皆さんに見せたかったなあ。

美味しい。さすが大村さん。

 

 

2本目 ルバイヤート マスカットベーリーA ヌーヴォー 2017

これも本格派の赤ワイン。

ルバイヤートが仕込むベーリーAは、全くキャンディー臭のない赤い果実味があふれます。

いや、これってすごいことではないでしょうか?

タイムマシンがもしあれば、大正時代にいって川上善兵衛さんに飲ませたいなあ。

すごく美味しい。

 

 

 

 

Nov. 30

No Wine Day

 

 

 

 

Dec. 1

I can’t believe it becomes December.

No way!

 

 

 

1st Rubaiyat Koshu Nouveau 2017

It’s a very fine dry Koshu.

When I joined in a wine business a long time ago, there were only sweet types Koshu Nouveau.

I want to show this fine Koshu nouveau to many pioneers of late winemakers in Japan.

It’s so tasty!

 

 

2nd Rubaiyat Muscat Bailey-A Nouveau 2017

It’s also very fine Muscat Bailey-A.

I didn’t feel any bad candy flavor that some Bailey-A have.

I was amazed by the fine quality.

If I have a time machine, I go to 100 years ago and show this to Mr. Zenbei Kawakami, who is the father of this hybrid grape.

Very, very tasty!


- お酒は20歳を過ぎてから! -

未成年者への酒類販売は行っておりません