2017.07.15

結局、ワイナリー訪問

7/14

山梨2日目。

 

IMG_0409

 

嵯峨塩温泉の朝の気温は18度。

 

IMG_0407

 

渓流沿いを散歩したら寒かったです。

 

 

さて、休日ですがせっかく山梨に来てるのですから、ワイナリーでも回りましょう。

勝沼に下って。

 

 

 

一軒目、勝沼醸造アポなし訪問。

 

IMG_0414

 

テラスから望むブドウ畑が朝日に輝きます。

 

IMG_0419

 

社長夫人の美恵子さん、営業部長の志村さん、首都圏営業担当の有賀淳さんと記念撮影。

 

 IMG_0417

 

 

2軒目、MGVsワイナリー、アポなし訪問。

 

IMG_0420

 

社長の松坂さんがいらして、しばし商談。(ワタシ休日ですが)

 

IMG_0421

 

ワイナリーに隣接する甲州とベリーAの自社畑を案内いただきます。

 

IMG_0428

 

なるほど、いろいろ新しいワイナリーならではの新しい試みに意欲的に挑戦されているのですね。

 

IMG_0430

 

 

IMG_0431

 

 

今月末、いよいよベリーAの赤ワインがリリース予定。

楽しみです。

 

 

 

お昼は山梨の野菜をふんだんに使った手打ちパスタを塩山のレストランでいただきました。

 

IMG_0482

 

 

3軒目、塩山の五味葡萄酒を初訪問。

ここだけ、初訪問なので事前にアポイントを入れてありました。

 

IMG_0443

 

専務の近藤さんが出迎えてくれました。

 

IMG_0446

 

近藤さんは長く勝沼の大手ワイナリーで醸造を担当後、ワイン醸造コンサルタントとして独立。

2年前に塩山で70年近くの歴史をもつこの老舗ワイナリーの経営者&醸造責任者として迎えられました。

 

 

 

2haの自社畑と地元の契約農家で栽培したブドウから年産約3万本のワインを生産しています。

スタッフは五味さんをいれて総勢3名。

小さなワイナリーならではの、飛び切りのこだわりをもった個性的で高品質なワイン造りを行なっています。

 

 

ワイナリーに隣接する0.5haの圃場、駒園ヴィンヤードをご案内いただきます。

 

 

IMG_0448

ブドウがきちんっと見事に揃った甲州の畑。

最高樹齢は80年を超えるそうです。

 

IMG_0452

 

その古木の甲州を2年前にすべてエックス仕立てから一文字短梢に仕立て直したそうです。

 

IMG_0468

 

殺菌剤の散布を最小限にとどめた自然栽培。

ボルドー液も使いわないこだわりぶりです。

 

IMG_0454

 

よくよく管理された見事な畑です。

甲州のほか、メルロー、カベルネ、シャルドネ、シラーなども栽培しています。

 

IMG_0473

 

ゲストハウスでしばしワイン談義。

一見クールな近藤さんですが、内に秘めたワイン造りへの情熱がにじみ出ます。

 

IMG_0475

 

話がはずみます。ここには書けないやばい系の話でも盛り上がりました。

 

セラーからは長いワイナリーの歴史を感じます。

昭和初期の 農協共選場を移築した歴史的建造物だそうです。

 

IMG_0477

 

建物は古いですが、醸造器具は最新のものが並びます。

 

IMG_0479

 

高価なオーク樽もごろごろしています。

 

IMG_0480

 

ボトリングはすべて手詰めで、一本一本窒素ガス充填をするこだわりにも驚きます。

 

 

近藤さん、お忙しい中お時間を作っていただきありがとうございました。

五味葡萄酒のワインも先月からカーヴドリラックスの店頭に並んでします。

ぜひぜひおすすめの新入荷です。

 

 

 

4軒目、キザンワインをアポなし訪問。

 

IMG_0485

 

今日は珍しく土屋夫妻が揃ってワイナリーにいらっしゃいました。

 

IMG_0487

 

しばし、ワイン談義。

土屋さんとのワイン談義は楽しいです。

 

IMG_0489

 

ここには書けないヤバい系のお話が盛りだくさん。

 

IMG_0493

 

あはは、結局一日中ワイナリーめぐりになっちゃいましたね。

 

 

 

家に帰って、山梨では食べられなかったお刺身とボルドーの赤と白。

 

IMG_0497

 

充実した休日(?)を満喫でした。

 

 

 

 


- お酒は20歳を過ぎてから! -

未成年者への酒類販売は行っておりません