2016.01.28

”あの横山さん”のワイン会

1/27

都内、汐留の某会社の食堂で開催された、超マニアックな日本ワイン会にお招きいただきました。

 

IMG_0182

 

主催者は、“あの横山さん“。ワタシはこの会、初参加。

 

IMG_0183

 

 

参加者が持ち寄ったマニアックな日本ワインは、全てブラインドでテイスティングです。

 

IMG_0185

 

ワタシ、なんと最初のスパークリングワインを「リリースから10年たった甲州。たとえば勝醸のブリリアンテ。」って適当に言ったら、これが見事に大当たり。アルガブランカ・ブリリアンテ2004年」でした。

 

IMG_0195

 

一同の驚きと尊敬の視線を受け、張り切ったワタシは、いつものように2本目からは大ハズレ。

なぜハズレたかの言い訳を得々と語るワタシは、結局一同の呆れと軽蔑の視線を感じることになりました。

 

IMG_0190

 

それにしても、マニアックなワイン。

本日、ワタシのNO.1 びっくりポンは、シャトーメルシャン 長野メルロー 桔梗が原 1995年。

 

IMG_0192

 

20年熟成のメルローです。

これ見事な熟成。たっぷりとした果実味となめらかタンニン。青みがかったわずかなペペロニがアクセント。すばらしかったです。

ちなみにワタシのブラインドの答えは、シャトータケダ ルージュ1996年。そのペペロニが、カベルネ入ってると思わせたのよ。熟成した見事なカベルネったら、シャトータケダくらいしか思いつかないじゃん。

 

IMG_0181

 

“あの横山さん“がアレンジしたお料理も、とてもおいしかったです。

 

IMG_0189

 

ワタシが持参した、キザン赤2004年と、ドメーヌタカヒコ ヨイチノボリ パストゥーグラン2008年も、実に素晴らしかったです。

ブラッククイーンの長期熟成のポテンシャルには、マニアックな皆さんも驚いていました。

2004年はとても良い年。あと10年くらいは引っ張れるんじゃないでしょうか?やっぱ酸がいいのよ。

 

 

IMG_0198

 

ドメーヌタカヒコのファーストヴィンテージ2008年は、まさにメモリアル・ヴィンテージ。

木村農園収穫のちょっとエロティックなブーケが、実に官能的。これも、まだまだ引っ張れそうです。

 

 

IMG_0193

 

いやはや、貴重なワインをふんだんにいただきました。

“あの横山さん”、素晴らしいワイン会にお招きいただきありがとうございます。

 

 

 

 


- お酒は20歳を過ぎてから! -

未成年者への酒類販売は行っておりません