2015.12.25

鶏を焼く日

12/24

今日は、我が家で年に一度の「鶏を焼く日」です。

 

諸事情により「鶏を焼く日」は年々規模が縮小され、今年は開催そのものが危ぶまれていました。

しかしながら先日、鶏を焼く daimajoさまがペログビ読書の斎藤さんからの「今年の“鶏を焼く日”はいつですか?」という質問に動かされ一念奮起。

「継続は力なり」と、なんとか開催に漕ぎ着きました。

 

 

いつもは、ワタシがそれなりに力を入れた前菜を担当していますが、今年は出勤の日にあたり超手抜き。

生牡蠣と

 

IMG_9510

 

ボンビノス貝のワイン蒸し

 

IMG_9514

 

の2品に留まりました。

 

 

カブと生ハムのマリネも、daimajoさまの作品。

 

IMG_9512

 

じゃーん!焼きあがりました。

 

IMG_9517

 

見た目は、例年と変わりませんが、daimajoさまのレシピが今年から変更になったそうで、皮は香ばしく、肉はしっとりと旨みがたっぷり。

 

IMG_9519

 

いや、お見事、お見事。

どうして、この季節に「鶏を焼く日」が始まったのかは不明ですが、やっぱ「鶏を焼く日」は楽しいですね。

 

IMG_9520

 

ワインは、カーヴドリラックス・ドットコム店で買った“クニちゃんのおすすめ6本セット”の中の3本を飲みました。(売り切れました。)

これ31%オフというお買い得なセット。

我が家では「鶏を焼く日」にスパークリングワインは欠かせないし、ブルゴーニュはやっぱ美味しいですね。

 

 

来年も、「鶏を焼く日」が来る日が楽しみになりました。

 

 

 


- お酒は20歳を過ぎてから! -

未成年者への酒類販売は行っておりません