2015.07.02

ラングドック5日目、最終日

6/26

ラングドック5日目、最終日。
あれ? もう終わりなの? 早いなあ~。
一日、一日は、すごーく長いんだけど、トータルでは、なんかすごく短い感じです。

IMG_5047.JPG

さて、トライアスロン最後の試飲商談会ですね。
朝一番で、テラス・デュ・ラルザックにあるシャトー・ド・ジャンクイエールに伺いました。

IMG_5080.JPG
この辺りの領主さまが住み続けてきたランドマーク。由緒ある歴史的建造物だそうです。

IMG_5060.JPG

ちょっと早めについてしまったので(っていうか予定通りの時間ですが)、まだワイナリーの人は一人も来ていません。
グループを抜けて、一人でブドウ畑をチェック。

IMG_5075.JPG
っていうか、この写真も自撮棒。
アングルと棒の重さに気を取られ、ブドウどころではありません。

IMG_5076.JPG

さて、オーナー醸造家のアンニさんがお出ましになりました。
まずは、お姫様にお城(セラー)を案内いただきます。

IMG_5085.JPG
実際にオーナー家族がお住まいになっていて、一部の部屋はホテルとして利用できるとのこと。

IMG_5086.JPG

おっと、ホーロータンクですね。
ホーロータンクは、タケダワイナリーと丸藤葡萄酒だけかと思ってたら、ラングドックでもホーロータンクが使われていました。

IMG_5087.JPG

さあ、残すところツアーの試飲もあと8社。

ここまできればまた気合が入りなおします。

IMG_5092.JPG
ってか、今日は最初から自撮棒で飛ばします。

IMG_5100.JPG

あちこちで笑いの渦。

IMG_5099.JPG

オレってアイドル?

IMG_5094.JPG

レベルの高いワインの試飲を重ね、最後56番目のワイナリーは、ドメーヌ クロワ シャプタル。

IMG_5106.JPG
試飲終了後、記念撮影も自撮棒。

各ワイナリーごと基本3本のサンプルに、なにかとエキストラボトルが登場し、5日間で200種類近いワインを試飲しました。
もうヘロヘロ。試飲したワインは、みなどれも優れたワインばかりでした。はずれのワインは一本もありませんでした。
ラングドックワインのクオリティーの高さを改めて確信することができました。

さて、ランチは近くのレストラン。すべてのプログラムが終了しての食事は格別です。

IMG_5120.JPG

IMG_5126.JPG
ワタシは、ニシンのマリネのサラダと牛脛肉の煮込みをいただきました。

IMG_5124.JPG
IMG_5127.JPG

とても美味しかったです。

通訳の戸田さんとも自撮棒。

IMG_5116.JPG
5日間本当にお世話になりました。
完璧な通訳のほか、ホテルのチェックイン、バス移動中のナビゲート、レストランのオーダー係、おみやげの相談、我々オヤジたちのアイドルの役割まで(?)と、八面六臂の大活躍。
本当にありがとうございました。

食事の後は、劇作家モリエールで知られる中世の街、ペズナスを見学。

IMG_5145.JPG

モンペリエ経由で、羽田に飛び立ちます。

IMG_5173.JPG
ああ、忙しい。一日くらいパリでゆっくりしたかったかな?

IMG_5188.JPG
いえいえ、今回はCIVLさんが、全て費用を負担していただき、多くのワイナリーのみなさんの協力と得て、
ラングドックワインの大きな期待を背負ってのミッションです。
前回にラングドックを訪問したのが2008年だから、6年ぶりの訪問でした。

IMG_54579.JPG

長いワインの歴史から見れば、たったの6年ですが、ここラングドックの変化には驚くばかりです。
ペイドックを含む、全体レベルの酒質の向上。
AOCごとの個性の明確化。
クリュとグランヴァンの登場。
古木のカリニャンの大きなポテンシャルの再認識。
情熱あふれる生産者の新たな登場。

IMG_55130.JPG
ラングドックの青い空、青い海、輝く太陽、さわやかな風、おおらかな人々。

IMG_55139 (2).JPG

実際に現地の今と、ムーブメントをたくさん、たくさん感じてきました。
いやあ、実に有意義で楽しいツアーでした。

IMG_55141.JPG

ご招待をいただいたソペクサさん、CIVLの皆さん、ワイナリーの皆さん、本当にありがとうございました。
ツアーに一緒に同行した各インポーターの皆さん、お世話になりました。たのしかったですね。
深夜、ホテル海辺での、ぶっちゃけ話は、オフレコでお願いいたします。

IMG_55138.JPG

え? 「ところで、内藤さんは、何か輸入するワイン見つけたの?」・・・ですか?

ええ、うん、ちょっと、いろいろ目移りしてまして。。。
一応企業秘密としておきますわ。

Jun. 26
Time pasts so first!
It was the last day for our Languedoc wine tour.
We went to Chateau de Jonquieres in Coteaux du Languedoc.
The castle is very old, the landmark in around here.

Because we arrived at the winery just bit earlier, I saw the vineyard alone and took selfie photos in the vineyard.

Then the princess, Ms. Annie Baudot-Gutin, in the Chateau came and welcomed us.
She is the winemaker of the winery, too.
She guided us to the old Chateau at first.

I was surprised at hearing that her family has been keeping to live here many, many years .

Then, as well as, eight wineries  in Coteaux du Languedoc gathered to have a wine tasting for us.
It was a hard work to face all of them and tasted and commented about their wines.

My selfie stick was welcomed hear, too.
I could take a lot of photos with the winemakers. I tasted 30 glasses of wine seriously.
I took a selfie photo with Mr.Charles-Walter Pacaud, the owner and winemaker of Domaine la Crox Chaptal, which was the final tasting booth for me in this tour.

Finally, I had done all wine tasting, around 200 wines from 56 wineries.
I was truly impressed in the high quality of the all wines.
There was definitely no bad wine. I was sure the fine quality and big potential of Languedoc wine.
The lunch today after the final tasting was very special!
It was also the final table for our party in this tour.
The last dishes were really fine, so delicious!
I took a selfie photo with Shina, who was the translator of our party.
She is a super lady!
She did the perfect translation and supporting everything in the tour, checking hotel, shopping supports, the road navigation or restaurant order, etc.
Also she is so cute and charming.
Her behavior is so elegant and sophisticated.
I've fallen in love to her!
After the lunch, we went to Pezenas, a famous World Heritage, and had the first sightseeing in this tour.

Then we moved to Montpellier and took to the flight to Tokyo.
It was so busy and dense program.
I think it was the hardest trip in my life.

However, I love Languedoc, of course!
I was sure again when I have been here, I always enjoy the sunshine, blue sky, blue ocean and nice persons.

Also, this professional program by CIVL was fabulous experiences for me.
It was the first time that I had been in Languedoc since six years ago.
I know only 6 years is outstandingly short term in Languedoc wine.
However, there is a big changing, moving and moving!

The total quality in Languedoc's improves from Pay d'Oc to the specials The decent segmentation for its terroir by the professionals in Languedoc.
So that, a lot of AOC, fine AOC, Gran Vin and the top range of Cru Languedoc appearances.
The big potentials of Carignan grape variety is found.
The many wine parsons born with their outstanding passion for Languedoc wine.

I really, really appreciate to everybody in this program, SOPEXA Japan, CIVL, the associations of many AOC and many wineries & vineyards.
Also the company from Japan, who are Inigo-san, Nishiguchi-san, Kawata-san, Matuki-san, Kanayama-san and Sekiya-san.
Please keep confidence my secret talk at seaside hotel in the last midnight.
What?
Naito-san, do you fine any wine that you want to import?
Well, Actually, there are many...
But please let me be the switch quiet for a while....


- お酒は20歳を過ぎてから! -

未成年者への酒類販売は行っておりません